このページではJavaScriptを使用しております。

ブログ

TOSHIBA(東芝) e-STUDIO 2010AC

e-STUDIO2010AC

コンパクトな大きさで省スペース対応ながらも、コピー、プリンタ、FAXといった安心の基本機能を搭載している複合機「TOSHIBA e-STUDIO2010AC」について解説します。

 

 

 

●ファーストコピータイム


ファーストコピータイムとは、コピー(スタート)ボタンを押してから、最初のコピー完了した用紙が機体から外に排出されるまでの時間のことを指します。
このファーストコピータイムは、モノクロとカラーでも時間が違い、室温などにも左右されます。
TOSHIBA e-STUDIO2010ACのファーストコピータイムは、室温についての言及はありませんが、モノクロであれば7.1秒、カラーであれば9.5秒という仕様です。

 

 

 

●連続複写速度


連続複写速度とは、1分間に印刷が何枚できるかを表す指標です。
通常、この連続複写速度も機種やメーカーによって、モノクロとカラーで1分間にコピーできる速度が異なることが多いようですが、TOSHIBA e-STUDIO2010ACは下記のような数値となっております。

 

 

<モノクロ>
A4ヨコ:20枚/分
B4:12枚/分
A3:10枚/分

<カラー>
A4ヨコ:20枚/分
B4:12枚/分
A3:10枚/分

 

※使用環境や使用条件によって変わるケースがあります。

 

 

 

●ウォームアップタイム


ウォームアップタイムとは、複合機の主電源を入れてから印刷可能になるまでの立ち上がりの時間のことを指します。
ただし、スリープモード(一定時間何も操作しない時などに消費電力の少ない状態に移行する機能のこと)からの起動も同じようにウォームアップタイムと呼ばれることがあるので注意しましょう。

 

 

TOSHIBA e-STUDIO2010ACでは、このウォームアップタイムは、室温20度で取扱説明書に記載の手順で電源を切った後に電源を入れた場合、約21秒となっております。

※使用環境や使用条件によって変わるケースがあります。

 

 

 

●プリンター解像度


複合機において解像度のお話をする際には、2つの指標が出てくることが多いです。

まず1つ目は、読み取り解像度です。読み取り解像度とは、文書や画像などを複合機でスキャンする際に、どれだけ細かく読み込むかを表します。

 

スキャン時はスキャナーと呼ばれる光学ユニットによって、原稿に光を当て、反射光を投影しながら副走査方向に移動することで読み取りを行っています。読み取り解像度が高いほど、より精密なスキャンを行うことができるということになります。

 

TOSHIBA e-STUDIO2010ACの読み取り解像度は、デスクトップ形式、フルカラー対応で600dpi×600dpiとなっております。

 

 

続いて2つ目の書き込み解像度です。書き込み解像度とは、スキャンしたデータを感光体ドラム上へ書き込む際の細かさを表しています。
読み込んだ画像や文字のデータは、レーザー光に変換され、静電気を帯びた感光体ドラムに照射することによって、トナーを用紙へ運ぶことができるようになります。

 

この書き込み解像度の数値が高いほど、品質の高い印刷が可能ということになります。

 

 

TOSHIBA e-STUDIO2010ACの書き込み解像度(コピー)は、モノクロで600dpi×600dpi、2400dpi相当×600dpi、カラーで600dpi×600dpiという仕様になっております。

 

 

そして、プリント仕様における書き込み解像度は、モノクロで600dpi×600dpi、600dpi× 1200dpi(PostScript3互換)となり、カラーでは600dpi×600dpi、600dpi相当×1200dpi(PostScript3互換)となっております。

 

 

 

●大きさ(幅×奥行×高さ)


TOSHIBA e-STUDIO2010ACの大きさは、操作パネル傾きが7度の場合、幅575mm×奥行720mm×高さ662mmです。
また操作パネル傾き90度の場合、幅575mm×奥行586mm×高さ662mmとなっております。

 

 

 

●機械占有寸法(幅×奥行


TOSHIBA e-STUDIO2010ACの機械占有寸法は、幅958mm×奥行767mmという仕様になっております。
この寸法は、手差しトレイ伸長時、排紙ストッパ利用時、操作パネル傾き7度、取扱説明書ポケット含む内容となっております。

 

お問い合わせはこちら

オフィス電話本舗 | 2021.05.25 18:16