このページではJavaScriptを使用しております。

ブログ

複合機(コピー機)の選び方2 メーカーはどこにするか?

オフィス電話本舗、複合機・コピー機アドバイザーに任命されました、Ýです。

 

昨日は製造業のかたに、コニカミノルタの複合機を納品させていただきました。

コニカミノルタの複合機

2台目の導入で、スキャナー中心のご利用を予定されていますが、コピーも取れたほうがいいということで、

コニカミノルタ bizhub C250i https://www.konicaminolta.jp/business/products/copiers/color/bizhub_c360i_c300i_c250i/index.html

になりました。

スキャナ中心の使い方などについてもお問い合わせお待ちしております。

 

さて続きまして、複合機(コピー機)の選び方について。

 

今回は

①新品複合機か、中古複合機か

②メーカーはどこにするか?

③機種を選ぶには?

④オプションは?

⑤どの会社から買うか?

のうちから

②メーカーはどこにするか?

について書かせていただきます。

 

現在複合機・コピー機のシェアは

1位 富士ゼロックス

2位 リコー

3位 キヤノン

となっており、この上位3社で全体の70%程度をしめています。

つづいて、4位シャープ、5位コニカミノルタと続き、上位5社で80%以上のシェアとなります。

この他京セラ、ムラテックなどのメーカーも複合機を販売しており、インクジェット方式の複合機ではセイコーエプソンなどがあります。

 

ではどのメーカーが良いのでしょうか?

 

ポイントの一つは画質。

一般的には富士ゼロックスが画質の良さに定評があり、デザイン系の会社ではキヤノンが好まれる傾向があります。

ただ近年はどの会社も画質を上げてきており、シャープやコニカミノルタの画質が好まれることもあるようです。

このためメーカーだけで、このメーカーの画質がよいと言い切るのは難しい状況です。

購入前に、印刷したいファイルのデータを渡してプリントアウトしたものを、比較することができます。

画質にこだわる場合は、ぜひ事前に確認、比較をすることをお勧めいたします。

 

ポイントの二つ目は保守メンテナンス。

昔は、シェアが多いほど、保守メンテナンス面では安心ともいわれていました。

こちらも、現在は各社ともに体制を充実させているため、あまりそん色はないと思われます。

ただ一部の販売会社では、メンテナンスをメーカーに委託せず、自社でメンテナンス要員を雇用している場合があります。

この場合サービスレベルに差が出てきますので、メーカーメンテナンスの会社から購入するか、メンテナンス体制をよく確認することをお勧めします。

 

そして気になるのは、価格。

価格は本体価格と保守メンテナンス費用(カウンタ料金)があります。

シェアが低い会社のほうが安い傾向にはありますが、どちらかというと重要なのは、相見積もりをしっかりととること。

同じメーカーからの導入でも、価格が倍以上違うということもよくあるのが、複合機・コピー機の導入です。

2-3社から相見積もりをとることをお勧めいたします。

 

/////オフィス電話本舗 複合機・コピー機アドバイザー/////

オフィス電話本舗 株式会社FISソリューションズ

東京都千代田区神田錦町3-26一ツ橋SIビル2階

0120-955-211 担当Y

オフィス電話本舗 | 2020.12.05 02:37