このページではJavaScriptを使用しております。

ブログ

複合機・コピー機のリースとレンタルの違いは?それぞれのメリット・デメリットもご紹介!

タイトル画像

オフィスに複合機・コピー機の導入をするにあたり、リースにしようかレンタルにしようか悩む方も多いのではないでしょうか?
オフィス電話本舗ではあなたにぴったりの契約方法が見つかるよう、詳しく解説させていただきます!

答える女性

リース契約・レンタル契約とは

リース契約とは

リース契約とはリース会社がお客様に代わって商品を購入し、それをお客様に貸与する契約になります。そのため、お客様はご自身に最適な機種の新品を使用することができます。
リース契約の際は審査が必要であり、審査基準はリース会社によります。

リース期間・途中解約について

複合機・コピー機のリース期間は、耐用年数から算出して3~6年とされており、5年での契約が一般的です。
基本的にリース契約は途中解約できませんが、会社によってはリース期間中でも機種変更ができる場合があります。

オフィス電話本舗でもリース期間中の機種変更が可能です。
残りのリース期間分の料金を、次のリースに組み込むことになりますが、ランニングコストを含めて検討すると、コストダウンになる場合もあります。
気になる方は是非ご相談ください!
お問い合わせはコチラ

答える女性

レンタル契約とは

レンタル契約はレンタル会社が所有している商品をお客様に貸与する契約です。そのため、中古品であったり、好きな機種を選べない場合があります。

レンタル期間・途中解約について

複合機・コピー機のレンタル期間はリース期間よりも短期の3ヶ月~3年が一般的です。
また、途中解約も可能な場合が多く、自社で必要な期間だけ無駄なく契約を結ぶことができます。

リースとレンタルの料金について

複合機・コピー機の性能ももちろん大事ですが、やはりオフィス機器を導入するにあたり重要なのが料金です。
購入する場合も含め、リース・レンタルの料金を比較すると以下のようになります。

購入価格とリース・レンタルの料金の違い

リースの場合もレンタルの場合も、商品の代金に加えて保険料や固定資産税、手数料などもリース会社・レンタル会社に支払うことになるため、総額は商品を購入するより高くなります。
しかし初期費用が抑えられること、固定資産税としての事務処理が必要ないこと、メンテナンスを受けられること等を考えると、メリットが多くあります。

リース・レンタルの月額・基本料金について

月額は一般的にレンタルよりもリースの方が安いです。
トラブルに対応する保守サービスは、レンタルは月額に含まれていることが多く、リースはリース契約時に保守契約も行うことが一般的です。

オフィス電話本舗では保守契約を結ぶとコピー枚数に応じたカウンター料金が発生し、トナーなど一般的な消耗品はカウンター料金の中に含まれます。
コピー用紙もカウンター料金に含まれる契約もありますが、最近は宅配業者のほうが安くなっているため、含まない契約が多くなっています。
カウンター料金については当ブログの「カウンタ料金とは」で詳しくご紹介しています。

答える女性

また、レンタルでは搬入搬出費用が別にかかることが多くありますが、リースではかからないことが多いため、初期費用がより抑えられます。

リースとレンタルのメリット・デメリット

リースのメリット・デメリット

リースのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

 

メリット デメリット
  • 初期費用が抑えられる
  • 固定資産税としての事務処理の必要がない
  • 自社に最適な機種の新品が使用できる
  • 保守サービスが受けられる
  • 盗難や災害など保険が受けられる
  • 審査が必要なため、導入までに時間がかかる
  • 中途解約ができない
  • 総額は商品購入より高くなる

レンタルのメリット・デメリット

レンタルのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット デメリット
  • 初期費用が抑えられる
  • 短期での利用ができる
  • 審査がないため導入までに時間がかからない
  • 固定資産税としての事務処理の必要がない
  • 保守サービスが受けられる
  • 盗難や災害など保険が受けられる
  • 選べる機種に制限が多い
  • 中古品を使用することが多い
  • 搬入搬出費用があるため初期費用がリースよりはかかる
  • リースよりも月額の費用が高い
  • 総額は商品購入より高くなる

リースとレンタルのメリット・デメリット比較

リースとレンタルのメリット・デメリットを比べた時、大きく違う点は以下の3点です。

  • リースでは自社に合った機種の新品が使用可能。レンタルではレンタル会社が保有している機種の中から中古品を使用。
  • リースは長期利用が基本となり中途解約ができない。レンタルは短期利用が基本となり中途解約も可能。
  • レンタルの方が搬入搬出費用がかかり、初期費用はリースよりかかることが多い。

リースとレンタルの選び方は?

リースとレンタルのそれぞれメリット・デメリットを踏まえたうえで、お客様の場合はどちらが良いのかを考えていきましょう。

ケース1:短期利用(3年未満)を考えている場合

悩んでいる男性

現在複合機を使用する業務が増えており、一時的に複合機を増やすことを考えています。今後長期的に使用するかは未定なのでとりあえず短期で使用したいのですが…

3年未満の短期利用を考えている場合はずばりレンタルがおすすめです!
リース契約では中途解約ができないため、短期利用は難しくなってしまいます。
その点レンタルではあればお客様が必要な期間に合わせて契約することができます。

答える女性

ケース2:長期利用(3年以上)を考えている場合

悩んでいる女性

新しくオフィスを設けることになり、これを機に長く使い続けられる物を使用したいと思っています。

3年以上の長期利用を考えている場合はリースがおすすめです!
月額が安くなるというメリットに加え、リースでは新品を貸与するため、中古品より快適に長く使い続けることができます。

答える女性

ケース3:初期費用をとにかく抑えたい場合

悩んでいる男性

他にもたくさん準備するものがあるため、とにかく初期費用を抑えたいです

初期費用をとにかく抑えたい場合にはリースがおすすめです!
レンタルでは複合機・コピー機をオフィスに搬入する際に費用が掛かることがあります。

答える女性

ケース4:どうしたら良いかわからない場合

悩んでいる女性

リースとレンタル、中古品の購入、どのメリットもデメリットも気になります。機種によって金額も違いますし、どの機種を選べばいいかもわかりません…」

リースのメリットもレンタルのメリットも魅力的で悩んでしまうこともありますよね。金額を比較しようと思っても、まずどの機種が良いのかわからず比較できないという方も多くいらっしゃいます。
その場合にはぜひオフィス電話本舗までお気軽にお問い合わせください。
機種選びもお手伝いいたします。

電話 0120-919-536
メールでのお問い合わせはコチラ

答える女性

自社に最適な契約方法で最高の1台を!

今回の記事ではリースとレンタルの違い、それぞれのメリットデメリットをご紹介しました。
ぜひお客様に合った契約方法で、より使いやすい複合機・コピー機の導入をしていただければと思います。

お問い合わせはこちら

お電話はこちら0120-919-536

お問い合わせフォーム

オフィス電話本舗 | 2021.06.17 07:45