このページではJavaScriptを使用しております。

ブログ

複合機のリース契約審査が通らない時の対処法と、通りやすくするためには?

複合機のリース契約審査が通らない時の対処法と、通りやすくするためには?

複合機をリース契約する場合には審査があります。
そのリース契約の審査が通らない時とはどんな時なのでしょうか?
また、通らない時にはどのようにしたら良いのでしょうか?
今回はそんなリース契約の審査について詳しく解説します!

答える女性

リース契約とは?

リース契約とはリース会社がお客様に代わって商品を購入し、それをお客様に貸与する契約になります。

つまり、複合機の所有権はリース会社にあり、それを貸与している状態ということです。

リース契約は製品の代金にプラス保険料金等を含めた月額料金をリース会社に支払う形になります。

最初に複合機の製品代金全部を払う必要がないため、お客様はご自身に最適な機種の新品を無理なく導入することができます。

詳しくは当ブログ「複合機・コピー機のリースとレンタルの違いは?」でもご紹介していますのでご興味のある方はご覧ください。

リース契約には審査が必要

リース契約をする為には、事前に審査が必要になります。

Q:審査方法は?

悩んでいる男性

審査とはどんな審査があるんでしょうか?オフィスへの訪問などもありますか?
審査方法は、リース会社の指定の書類を揃えたり、指定の用紙に記入、捺印する形になります。訪問などはほとんどの場合ありません

答える女性

Q:審査にかかる日数

悩んでいる男性

審査にはどのくらいの日数がかかりますか?

審査にかかる日数はリース会社にも審査を受ける企業にもよります。

2~3日で決まる場合もあれば、1週間程度かかる場合もあります。

そのため、複合機導入をお考えの際には余裕をもってお問い合わせください。

答える女性

審査が通らない場合は?

審査の基準はリース会社によって異なっており、具体的な基準内容については知らされていません。

しかし、リース契約は契約期間が決まっており、原則途中解約ができません。

その性質から考えると、リース契約の審査が通らない場合とは、リースの契約期間を支払い続けることが難しいと考えられてしまっている可能性があります。

審査を通りやすくする方法

審査を通りやすくするためには、リース契約を契約終了まで遂行できることを信頼してもらう必要があります。

具体的には以下の2点があります。

1.審査の申し込み時に信頼度を高める書類を添付する

新規事業など業績面では信頼にあたるか心配な場合もあるかと思います。

その場合には、こちらもリース会社によりますが、前職の職歴や、保有資格の資格証、取引先など信頼度を高める情報を載せた書類を添付することで評価が上がる可能性があります。

2.実績のある複合機の総合サービス業者に相談する

どんな複合機を導入するかのご相談から、納品やアフターケアなど複合機を導入するにあたり総合的にお手伝いをするサービス業者があります。オフィス電話本舗もそうです。

そうしたサービス業者の中でも実績が豊富な業者だと、複数のリース会社とやりとりすることが多く、こうした業種や事業形態ならこのリース会社の審査が通りそうだなと考えながらリース会社を紹介してくれます。

そのため、審査も通りやすくなるのです。

また、実績のある会社であれば、複数のリース会社との取引があるので1社がダメでも他社で通る場合もあります。

オフィス電話本舗も多くのリース契約の実績がございます。ご不安な場合には是非お気軽にご相談ください。

リース契約ができなかった場合の複合機の導入方法

リース審査に通らなかった場合には、リース契約を行うことはできません、

その場合複合機を導入する方法は以下の3つになります。

レンタル契約をする

複合機をレンタルしている業者もあるため、レンタルによって導入することもできます。

詳しくは当ブログ「複合機・コピー機のリースとレンタルの違いは?」をご覧ください。

割賦販売を利用する

割賦販売とは

分割払いで商品を販売すること。

割賦販売法では、代金を2ヶ月以上にわたり3回以上の分割払いによる方式で回収する販売、およびクレジットカードによる販売を割賦販売と定義している。

引用元:割賦販売とは|知るぽると(金融広報中央委員会)

割賦販売とは、割賦販売の会社がお客様に代わって支払いをし、お客様は割賦販売の会社に分割でお金を支払う形になります。

複合機の所有権はお客様にあるため、支払いが終わってもそのまま複合機を所有し続けることができますが、資産計上や減価償却といった事務もお客様の方でしなければいけません。

また、割賦販売にも審査があり、頭金が必要な場合もあります。

一括支払いで購入する

もちろん現金など一括で支払いし購入する方法もあります。

例えば最初から希望の機種を購入するのは難しくても、古いものや中古品などを購入して事業をスタートし、リース審査に通るようになってから入れ替えるという方法もあります。

複合機も年々新しい機種や機能が出ており、より使いやすくなっているため、絶対に業務に必要な機能がある!といった場合でなければ決して損ではない選択です。

リースの審査に不安になりすぎなくても大丈夫!

つい審査があると聞くととても不安になってしまう方もいらっしゃると思いますが、審査に通りやすくなる方法や、通らなかった場合でもレンタルや中古品の購入等様々な方法で複合機の導入を行うことができます。
とはいえ、自分で考え、調べているだけだとどうしても不安になりすぎてしまう事もあるかと思います。そんな時にはぜひ、お気軽にオフィス電話本舗までご相談ください。
御社に合った最適な方法を一緒に考えさせていただきます。

答える女性

お問い合わせはこちら

お電話はこちら0120-919-536

お問い合わせフォーム

オフィス電話本舗 | 2021.10.12 16:48